ウォーターサーバーのメリット、デメリット

ウォーターサーバーのレンタルと買取のメリット、デメリット

サーバー本体のレンタルと買取のメリット、デメリット

ウォーターサーバー業者によって異なるのですが、水を出す機械サーバー本体を月々レンタル(無料、有料)する場合と買い取る場合とのどちらかを選ぶことになります。

現在は無料レンタルが主流になっていますが、有料レンタルの場合もあり月に500円~1500円が相場です。有料の場合、年間にすると結構な額になるのは確かですが、メンテナンスや交換が気軽に対応してもらえるメリットがあります。企業などで導入する場合は毎月の飲む量も多いので有料レンタルがオススメです。

サーバー本体を買い取りできる業者もあります。その場合の価格は数万円から10万円程度ですが、長い目で見ればレンタルより買取の方が確かにお得です。しかし性能のいい新しいサーバー本体が登場する可能性もありますから、買取が必ずしも特とは言えません。業者によって異なりますが、省エネタイプなど数年サイクルでモデルチェンジします。

長く利用するなら買取もありだと思いますが、初めてウォーターサーバーを導入するなら、まずはレンタルできる業者を選んでみてはいかがでしょうか?

おいしい水とは?

最近おいしい水という言葉をよく耳にしますが、それではおいしい水とはいったいどのような水をいうのでしょうか。おいしい水とは単にミネラル量が多く含まれていればよいというものではなく、カラダに有益なミネラルがほど良く溶け込み、実際に飲んで、おいしいと感じなければなりません。

人工的に作った純水は分子集団が大きく、飲んでもおいしく感じません。これに対して名水といわれる天然の水源の石清水は、分子集団が小さく、適量のミネラルが含まれ、飲んでおいしい水となります。おいしい水とは分子集団の小さいことが条件だったのです。この分子集団をクラスターと呼び、クラスター水などと呼ばれているものもあります。

やっぱり天然水が一番おいしいんですね。特に大都市部の水源は水質汚染が進んでいるため強力な浄水を行なわないと飲めません。そのためどうしてもカルキ臭が抜けません。近年天然水が飲めるウォーターサーバーが普及しているのも納得です。以前は企業や公共施設、病院などに導入されていましたが、最近は家庭用のコンパクトなサーバーもあり、ご家庭でウォーターサーバーを使う人が増えてきています。

おいしい水の条件は?

どこの水が美味しいの?水を変えると食生活が向上します。おいしい水通販のサービスを紹介しています。安全性、費用、水の種類、デザインなどサーバー導入のヒントが見えてきます。
おいしい水通販

保存水などもしもの地震に備えておきたい防災グッズとは?地震が起こる前に準備しておきたい対策や必要なアイテムが用意できます。これだけは一読して損はありません。